【不動産ニュース】日鉄興和不動産 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた医療機関支援策の取り組みについて|by PR TIMES
2020年5月14日 10時00分
no image
 新型コロナウイルスの感染症により、お亡くなりになられた皆様に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、闘病中の皆様には心よりお見舞いを申し上げます。また、最前線で感染拡大防止に奮闘されている医療関係者の皆様に深く敬意を表します。  日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉 泰彦)は、この度、虎の門病院等、当社と関係の深い医療機関に対し、新型コロナウイルス感染拡大防止への協力支援策として、下記の通りマスク等を寄贈いたしましたのでお知らせいたします。 【寄贈先及び寄贈品】 1.国家公務員共済組合連合会 虎の門病院   ・医療用マスク・・・10,000枚   ・飛沫感染防止アクリルパーテーション・・・100セット 2.北里大学北里研究所病院   ・医療用マスク・・・10,000枚 3.医療法人社団 赤坂虎の門クリニック   ・医療用マスク・・・1,000枚  日鉄興和不動産は、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言を受け全社的に在宅勤務を進める傍ら、テナント企業の安全安心のため、本社が所在する赤坂・虎ノ門エリアの安全安心のため、ビル管理並びにエリアの感染防止への取り組みを進めています。今後も、事業活動及びCSR活動を通じて地域・社会に貢献することを使命と考え、さまざまな施策に取り組んでまいります。 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000001379.html