【不動産ニュース】小田急電鉄 築35年の保有ビルを新形態の複合施設に|R.E.port
2020年5月18日 09時00分
no image
 小田急電鉄(株)は15日、複合施設「Tefu YOYOGI UEHARA」(東京都渋谷区)を開業した。  同施設は、小田急小田原線「代々木上原」駅より徒歩5分、敷地面積285.63平方メートル、鉄骨造地上5階建て(5階部分は屋上)、延床面積701.33平方メートル。同社が事務所等として使っていた築35年の建物をコンバージョンした。  2~4階は民泊対応型のレジデンスで、家具付き住戸を各階に1戸ずつに配置。1階はレンタルスタジオとスマートホテル(1室、定員6人)を設置した。民泊運営代行とホテル運営はzens(株)(東京都渋谷区、代表:町田龍馬氏)。  レジデンスは、「住みながら働ける、時には貸し出せる」とコンセプトに、従来の用途にとらわれない空間づくりや運営の仕組みによる新たな暮らし方「タイムシェア型レジデンス」を提案。自宅におけるリモートワークを利用シーンとして想定した空間づくりや、入居者の不在・滞在に関わらず民泊・レンタルスペースとして貸し出すなどの使い方を想定している。  さらに、1階のレンタルスタジオやホテルといった外部利用者を呼び込む機能も盛り込むことで、地域コミュニティの拠点としても利用される場とする。  なお、タイムシェア型レジデンスは、新たな空き家・空き区画の解決メニューとして今後取り組んでいく。 https://www.re-port.net/article/news/0000062256