【不動産ニュース】増収増益/新日本建物20年3月期|R.E.port
2020年5月19日 09時00分
no image
(株)新日本建物は15日、2020年3月期決算(非連結)を発表した。  当期(19年4月1日~20年3月31日)は、売上高169億700万円(前期比28.8%増)、営業利益19億7,500万円(同24.1%増)、経常利益15億7,000万円(同13.1%増)、当期純利益13億2,800万円(同13.8%増)。  流動化事業では13件(同1件増)の引き渡しを行ない、売上高89億4,400万円(同7.3%増)と増収に。新規で取り扱った物流施設用紙のコスト増加分を吸収し、営業利益は15億円(同3.9%減)となった。  マンション販売事業は232戸(同148戸増)を販売、売上高71億5,700万円(同129.4%増)、営業利益11億100万円(同162.8%増)と増収増益となった。  戸建販売事業では8棟(同16棟減)を販売。経営資源を流動化事業、マンション販売事業に集中した結果、引渡棟数が減少し、売上高7億4,100万円(同51.4%減)、営業利益9,800万円(同47.2%減)と減収減益に。  次期は、売上高198億3,000万円、営業利益20億1,000万円、経常利益17億3,000万円、当期純利益14億5,000万円を見込んでいる。 https://www.re-port.net/article/news/0000062263