【不動産ニュース】三井不動産とKDDI、5G活用しオフィスビルのDX目指す|R.E.port
2020年5月20日 09時00分
no image
 三井不動産(株)とKDDI(株)は19日、第5世代移動通信システム「5G」を活用したオフィスビルのデジタルトランスフォーメーション(DX)を目指し、4月に基本合意書を締結したと発表した。  5Gは、高速・大容量、低遅延、多接続を特長としており、リアルタイム性や安定性が求められるオフィスビルにおいて、より高精細で大容量のデータ通信を安定的に行なうことが可能。新型コロナウイルスの影響により、BCPの観点からも、5Gなどの情報通信技術を活用することにより、テレワークと組み合わせたオフィス利用者の柔軟な働き方を促進することができる。  KDDI本社、KDDIの5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」で実証実験を開始。2021年4月をめどに、「日本橋室町タワー」(東京都中央区)をはじめとした「三井のオフィス」にて、5Gのネットワーク環境を構築する。 https://www.re-port.net/article/news/0000062282