【不動産ニュース】近鉄不動産 これからの住まい探しの新しいスタイル オンラインコミュニケーション窓口を 新たに開設|by @Press
2020年5月21日 09時30分
no image
2020年5月23日(土)より東海エリアの新築マンションで運営開始 近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/取締役社長:倉橋孝壽)は、このたび、東海エリアの新築マンションの新たなご案内方法の1つとして、非接触型のオンラインコミュニケーション窓口を運用開始することとなりましたのでお知らせします。  昨今、様々な業種でオンラインでのコミュニケーションが普及し、誰もが気軽に利用することができるようになりました。当社はその新しい生活様式を取り入れて、自宅にいらっしゃるお客さまにインターネットと電話回線を利用して、オンラインで物件をご案内できるコミュニケーション窓口を開設いたします。  このオンラインコミュニケーション窓口は、オンライン商談システム「bellFace(ベルフェイス)」を採用したもので、特別なアプリなどをダウンロードする手間もなく、お客さまのご都合に合わせて、何回でもご利用いただくことができます。 パソコンはもちろん、スマホなどの小さな画面でもパンフレットや図面集の確認や、販売スタッフの顔を見て、会話をしながら説明を受けることが可能です。 また、本窓口は、対面での接客回数を減らすと同時に、住宅の申込みや契約を行う前のお客さまの疑問や不安をつぶさに解決することを目的としています。他にも、ご希望されるお客さまには3DモデルルームをWEB上でご案内したり、ファイナンシャルプランナーへの住宅取得ライフプランのご相談も順次受け付けていく予定です。  また、東海圏のみならず、関西、首都圏エリアの新築マンション販売センターにおいても、同様のオンラインコミュニケーション窓口を開設してまいります。 リリース元:@Press https://www.atpress.ne.jp/news/213337