【不動産ニュース】東急リバブル 不動産売買・賃貸のご相談及び物件の内見に  ビデオ通話による「オンライン接客」を全店舗で開始|by @Press
2020年5月22日 10時00分
no image
~ご自宅に居ながら、当社営業担当と非対面で各種ご相談や内見が可能に~ 東急リバブル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 陽一)は、全国の売買・賃貸仲介店舗でビデオ通話によるオンライン接客を5月21日(木)より開始いたします。 新型コロナウイルス感染防止のため、現在当社は一部を除く売買・賃貸仲介店舗の営業活動をテレワーク(在宅勤務)に切り替えて実施しております。コロナ禍における、お客様と社員の安全確保のため、対面による接客機会を減らし、お客様の不動産売買や賃貸ニーズに対応するために、安全性の高いビデオ会議ツールGoogle Meetを利用したオンライン接客を全国の売買・賃貸仲介店舗で個人のお客様向けに開始いたします。遠方にお住いの方や移動が困難な方との接客にも活用し、お客様の利便性向上も図ってまいります。 ■オンライン接客の活用例 (1)ご自宅の査定やご売却に関するご相談   売主・貸主様に室内をライブ中継いただき、営業担当が確認 (2)空室物件の内見   現地から営業担当が室内をライブ中継しながら、または室内画像をご覧いただきながらご説明 (3)営業担当との各種ご相談や商談、税理士との税務相談、弁護士との法律相談など ※関西エリアでの税務相談、法律相談は近日中に開始いたします。 ※オンライン接客はご予約が必要となります。また、ご利用にあたり注意事項がございますので、各店舗及び担当者へお電話またはメール、ホームページの各店舗のお問い合わせフォームよりご連絡ください。 店舗一覧はこちら https://www.livable.co.jp/branch ※Google Meetの詳細はこちらをご参照下さい。 https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/meet Googleは Google LLCの商標です。 今後の店頭営業の再開に向けた新たな営業体制として、オンライン接客の活用の幅を広げるとともに、対応可能なビデオ通話アプリの拡充を進めてまいります。 リリース元:@Press https://www.atpress.ne.jp/news/213301