【不動産ニュース】CoLifeと凸版印刷、空間のウイルス除菌サービスを開始|by PR TIMES
2020年6月11日 14時00分
no image
消臭除菌剤「ペポパ」を活用した除菌施工サービス「iecon® 空間除菌サービス」を開始集合住宅の共用部、不動産物件の引き渡し時、飲食店等の環境衛生改善に貢献 株式会社CoLife(コーライフ、本社:東京都中央区、代表取締役社長:池内 順平、以下CoLife)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、2019年5月の資本業務提携以降、未来の住空間づくりを推進するために、両社の強みを活かしたアライアンスを推進してきました。 このたび、各領域で高まる環境衛生へのニーズに対応するべく、業務用消臭・除菌剤「ペポパ」を活用した除菌施工サービス「iecon®(イエコン) 空間除菌サービス」を2020年6月10日より提供開始します。 ■ 「iecon® 空間除菌サービス」について  CoLifeが派遣する施工スタッフが、凸版印刷の提供する業務用消臭・除菌剤「ペポパ」を使用し、マンションの共用部やレストラン、不動産物件の引き渡し時やリフォーム終了後等で空間の除菌を実施します。通常の除菌サービスは専用の機材を使用し薬剤を噴霧するため、一度に除菌できる場所に限りがありました。しかし、「ペポパ」は短時間に高濃度で二酸化塩素ガスを発生せることができ、同時に複数箇所で施工が可能になるため、作業効率性の向上が期待できます。またCoLifeと提携する全国の建材事業者や設備事業者が施工するため、申し込みからプロによる現場環境の確認、適切な施工実施をスピーディに提供することができます。 また、マンションの管理人や飲食店事業者自らが「ペポパ」を使用する場合も想定し、サポートコールセンターも開設。現場でお客さま自身が「ペポパ」を使用する際に、遠隔でサポート・チュートリアルを実施し安全な施工を実現します。  凸版印刷は「ペポパ」を提供することに加えて、本サービスの営業活動も実施。これまで提供してきた「ペポパ」単品の商品販売に本施工サービスの提供を付加することで、現場のさらなる負荷軽減に貢献しながら、誰でも気軽に本格的な空間除菌が享受できることを実現します。  またCoLifeは自社が提供する「iecon®」(※1)プラットフォーム上にも本サービスを掲載し、マンションの居住者が直接サービスを申し込めるようにすることで、利便性の向上を図ります。 ■ 「iecon® 空間除菌サービス」 価格 ・リビングプラン 税込20,900円~/1回 一般的な天井高(2.5m程度)のリビング等の室内で20畳(33m2程度)までの広さを対象としたプラン。 ・丸ごとプラン 税込33,000円~/1回 一般的な天井高(2.5m程度)の室内で100m2未満の広さまでを対象としたプラン。 ※なお、両プランとも、戸建てやメゾネット住戸など天井高が高いものについては対象の広さが異なるので、別途見積もり。その他、オフィスや店舗など様々な場所にも対応可能です。 ・法人向け問い合わせサイト:https://iecon-jokin.jp ・利用者向けサービス申込サイト:https://iecon-mask.jp/repair/detail/94 ■ 今後の目標  CoLifeと凸版印刷は、本サービスをマンションやレストラン、リフォーム事業者などを中心に拡販し2023年にサービス全体で5億円の売上を目指します。 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000016875.html