【不動産ニュース】アットホーム 物件オーナーへのリフォーム提案がスピーディーに行える「リフォーム価格シミュレーター居住用賃貸版」を6月11日(木)より全国で提供開始|by PR TIMES
2020年6月12日 10時00分
no image
 不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:鶴森 康史 以下、アットホーム)は、2020年6月11日(木)より、賃貸物件におけるリフォームの参考価格を簡単・スピーディーに算出できる「リフォーム価格シミュレーター居住用賃貸版」の提供を開始いたします。 賃貸物件を取り扱う不動産会社は本サービスを利用することで、物件オーナーに空室対策や原状回復時のリフォームを提案する際、パソコン・タブレット端末などを用いてその場で参考価格を算出し、提案書を作成・提供できるようになります。近年、空室対策としてリフォームを行う物件オーナーが増え、賃貸市場においてリフォームに注目が集まる中、不動産管理業務を行う全国のアットホーム加盟店をサポートしてまいります。 【「リフォーム価格シミュレーター居住用賃貸版」の概要】 リフォーム提案の経験が少なくてもリフォーム箇所・商品・工事の選択や簡単な入力だけで参考価格を算出できる、賃貸物件を取り扱う不動産会社向けのサービスです。パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどさまざまなデバイスに対応しており、インターネットに接続していれば物件オーナーとの打合せ時や物件の現地など、時間や場所を選ばず利用可能です。商品の価格変更やオリジナル商品の登録などのカスタマイズもでき、不動産会社の利用しやすさに配慮した機能を搭載しているほか、リフォーム参考価格が記載された提案書も簡単に作成できるので、物件オーナーにスピーディーに提案を行うことができます。 ■「リフォーム価格シミュレーター居住用賃貸版」の特徴 1.賃貸居住用物件に特化した商品・メニューを用意 コンパクトキッチン・ユニットバスなどの商品や排水口ゴム栓・蛇口のメンテナンスなど、賃貸居住用物件に特化した商品・メニューを選択できます。また、複数物件まとめてのリフォームにも対応できるよう、商品の台数が入力できます。 2.原状回復の精算にも対応 入居者退去時には、物件オーナーと入居者の負担割合を踏まえた原状回復の概算費用や精算明細書の作成・出力が可能です。 【サービス開発の背景】 空室対策としてリフォームを行う物件オーナーが増え、近年賃貸市場においてリフォームに対する関心が高まっています。一方で、リフォーム提案は専門のリフォーム会社が行う場合が多く、見積もりには数日を要することも少なくありません。 そんな中、2019年8月にリリースした既存住宅のリフォーム提案書を簡単に作成できる「リフォーム価格シミュ レーター」について、利用加盟店から「賃貸居住用物件のリフォームの際にも利用できるサービスが欲しい」という要望を多数いただき、本サービスをリリースいたしました。リフォーム提案のノウハウやツールを持たない不動産会社でも提案可能な本サービスを提供することで、アットホーム加盟店をサポートするとともに、不動産業界の流通活性化に寄与いたします。 <サービス変遷> 2019年1月 「リフォーム価格シミュレーター売買版(戸建て・マンション)」モニター利用開始 2019年8月 「リフォーム価格シミュレーター売買版(戸建て・マンション)」全国提供開始 2020年6月 「リフォーム価格シミュレーター居住用賃貸版」全国提供開始 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000051123.html