【不動産ニュース】ネクスト・モビリティ AI活用型オンデマンドバス「のるーと」 全国の地域・交通事業者へ展開します!|by PR Wire
2020年6月12日 10時30分
no image
西日本鉄道㈱と三菱商事㈱が共同で出資するネクスト・モビリティ㈱は、AI活用型オンデマンドバス「のるーと」のオペレーションの仕組みや導入・運営ノウハウの全国展開(ソリューション提供型事業)を開始いたします。   地域におけるバスやタクシーといった自動車交通は利用者の減少や運転士不足などの問題を抱えており、効率的で持続可能な公共交通サービスの再構築が課題となっています。このような課題に対する解決策のひとつとして、ネクスト・モビリティ㈱ではAI活用型オンデマンドバス「のるーと」の運行に取り組んでいます。  「のるーと」は、お客さまのリクエストに応じて適宜ルートを設定しながら運行するオンデマンド型の乗合交通サービスです。AIが利用データを蓄積・学習することで、より効率的な運行ができます。また、普通二種免許での運転が可能であり、乗務員採用の裾野が広がるため、運転士不足解消につながることが期待されます。2019年4月よりアイランドシティ地区で運行を開始し、現在では壱岐南地区を含めた二つのエリアで運行しています。  運行開始以来、「のるーと」の配車システムは安定的に稼働することができました。また、ご利用いただいたお客さまからは一定の評価を頂き、新しい公共交通サービスとして有効であることを確認しました。今後、「のるーと」の仕組みを広く提供し、各地域において活用いただくことで、公共交通の課題解決につなげたいと考えています。これまで「のるーと」の運営・サービス改善を行ってきた西鉄だからこそ提供できるノウハウを生かし、導入計画の立案から運行、改善まで総合的にサポートいたします。  「のるーと」のサービスは、従来の定時定路線のバスではサービスが困難であり、時間帯・経路を限定しない柔軟な運行を求められるような地域に効果的であると捉えています。「のるーと」の導入によって、多様なニーズへの対応による利便性向上や車両の小型化などによるコスト削減を図ることができると考えています。また国土交通省においても2020年2月に補助制度を新設するなど、「のるーと」のようなAI活用型オンデマンド交通の導入を推進しています。  当社では今後も公共交通事業の課題解決に取り組んでまいります。 リリース元: PR Wire https://kyodonewsprwire.jp/press/release/202006110792