【不動産ニュース】飯田産業 未病で健康に暮らせる住まい実現へ産学で研究|R.E.port
2020年6月12日 09時25分
no image
(株)飯田産業はこのほど、大阪市立大学・大阪府立大学と「スマートライフサイエンスラボ」を新設。未来型住宅の実現を目指し、共同研究に着手した。  大阪市立大学の健康科学イノベーションセンター(グランフロント大阪内)に新設。阿倍野キャンパス医学部内にも共同研究ラボ「スマートライフサイエンスラボ」を開設し、5年間の予定で共同研究を行なう。  生活空間で健康データを収集し、AIなどで解析することで、未病維持につなげたり、住宅が自律的に適切な健康アドバイスを行なう未来の住空間を「ウェルネス・スマートハウス」と定義しており、この実現を目指して研究を進める。 https://www.re-port.net/article/news/0000062515