【不動産ニュース】帝国データバンク コロナの影響で上場企業756社が業績下方修正|R.E.port
2020年6月15日 09時06分
no image
(株)帝国データバンクは11日、「新型コロナウイルスの影響による上場企業の業績修正動向調査(6月10日時点)」結果を発表した。適時開示情報を発表した上場企業のうち、新型コロナウイルスの影響を含む要因によって業績予想を下方修正した企業を集計。前回(6月4日発表)に続いて15回目の調査。  業績予想を下方修正した企業は累計で756社(前回調査比28社増)。売上高の下方修正額の合計は、約5兆1,932億2,400万円(同約1,059億2,400万増)に及ぶ。  業種別にみると、製造業が累計で245社、サービス業145社など。不動産業は16社、建設業は6社が下方修正している。  新型コロナウイルス感染拡大に収束のめどが立たない中、全国で関連倒産(11日12時時点:238件)も相次いでおり、影響の拡大が今後も懸念されるとしている。 https://www.re-port.net/article/news/0000062523