【不動産ニュース】国土交通省 コロナ危機を踏まえた新しいまちづくりの方向性を検討|R.E.port

2020年6月15日 09時25分
no image
 国土交通省は12日、新型コロナ危機を踏まえた新しいまちづくりの方向性を検討すると発表した。  いわゆる「三つの密」を回避することが必要とされる中、満員電車や都心のオフィスなど「都市の過密」という課題が改めて顕在化し、これまでの都市における働き方や住まい方を問い直すことが求められている。また、テレワークの導入など、人々のライフスタイルや価値観も大きく変わってきている。  こうした状況を踏まえ、6~8月に、今後の都市のあり方にどのような変化が起こるのか、今後の都市政策はどうあるべきかについて検討するため、都市再生や都市交通、公園緑地や都市防災のほか、医療、働き方など、様々な分野の有識...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン