【ニュースな物件】コロナ状況下版:分譲マンション「リビオレゾン勝どきnex」中央区
2020年6月20日 07時30分
no image
 新型コロナウイルスが不動産業にも直撃した4月から5月。その間に分譲していた新築マンションや再開発エリアなどに向かい、レポートしていくニュースな物件 コロナ状況下版。今回は「リビオレゾン勝どきnex」に行ってきました。  日鉄興和不動産の都市型コンパクトマンションブランドであるリビオレゾンシリーズ、「リビオレゾン勝どきnex」は1LDK中心の平均価格約3,700万円台(リアルネット調べ)の単身者ターゲットのコンパクトマンション。今年3月より分譲が開始され、コロナ期間に営業休止、6月6日より営業が再開となっています。  立地としては都営大江戸線勝どき駅の南西へ徒歩9分の場所、東京BRTの「勝どきBRT」バス停下車徒歩4分の場所(運行時期未定)で、HARUMI FLAGの手前に位置する場所に現在建設中。竣工予定は変わらず、来年の3月下旬のまま。コロナの影響はあったかもしれないが、時期には影響していないということか。  HARUMI FLAGに近いということで、東京五輪の実施可否含め、勝どき駅の混雑具合や東京BRTの運行状況などまだ見えないことが多いのも事実、ただ都心への好アクセスなど単身者が住む地域として、今後も利便性は高い地域。現在は先着順販売中。