【不動産ニュース】いえらぶGROUP 不動産会社の生産性向上に向け、RPAの導入支援・コンサルティングを開始|by PR TIMES
2020年6月17日 14時00分
no image
いえらぶCLOUD×RPA、御社の不動産業務もグングン自動化! 不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供する株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表取締役:岩名泰介 以下「いえらぶGROUP」)は2020年6月9日、RPAの導入支援・コンサルティングを開始しました。RPAソフトウェア業界のグローバルリーディングカンパニーである米UiPath社の日本法人・UiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川 康一 以下「UiPath社」)と連携して、不動産会社の生産性向上を支援します。 ■背景 労働人口の減少や、ワークライフバランス・働き方改革といった考えの浸透により、日本の多くの企業は慢性的な人員不足に陥っています。特に不動産業界はIT技術の導入が遅く、労働集約性が高い環境です。不動産業界の残業時間は、全業種の平均に比べ1.3倍以上です。(※)さらに新型コロナウイルスの影響も受け、人件費の見直しは不動産会社にとって急務と言えます。 そうした環境の改善に向け、RPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション)が業界として注目されており、RPAを使って自社の業務を効率化させたいと考える企業が増えています。 しかし多くの不動産会社では、「テレワークを推進する専門家が社内にいない」「進め方がわからない」という理由から、RPA導入に踏み切れていません。そうした企業の課題を解決するため、RPAの導入・活用促進をコンサルティングするサービスの提供を開始します。 ※出典:VORKERS 『約6万8000件の社員口コミから分析した’残業時間’に関するレポート』 https://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_4 ■概要 お客様の導入/運用方針や体制に合わせ、ロボット開発だけでなく、製品選定、RPA化における効果測定および評価、対象業務選定、新業務プロセスの策定、導入後のサポートなど、「計画/検証」「本格導入」「運用展開」まで経験豊富なコンサルタントがワンストップで支援します。 ■導入効果 RPAによる業務の自動化により、以下の通り作業時間の短縮(長時間労働の是正)及びコスト削減に成功しました。また、本業務は、手作業により生じる転記ミスのチェック作業に神経を使った対応が必要であり、精神的な負荷が大きい業務でしたが、自動化後はロボットが一定のルールで処理を行うため、品質向上及びチェック工数の削減ができたことも大きな効果となっております。 今後も不動産会社のデジタルトランスフォーメーションの加速を支援していきます。 ■RPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション)とは RPAとは、AIや機械学習などの認知技術を取り入れたロボットを利用し、業務の自動化や効率化を図る取り組み全般を指す言葉です。近年、様々な業界でRPAによる生産性向上が進んでいます。 ■不動産業特化のRPAらくらくロボシリーズ いえらぶGROUPが新たにリリースした、不動産業界専門のRPAサービスです。RPAソフトウェア業界のリーディングカンパニーであるUiPath株式会社のプラットフォームを活用し、圧倒的な低コストで不動産業務を自動化します。 物出しや物件のコメント入力など、不動産会社にとって不可欠な業務を自動化したサービスを順次提供しています。  ▼「RPAらくらくロボシリーズ」特設サイト  https://ielove-cloud.jp/service/rpa ■UiPath株式会社様からのコメント 「RPAらくらくロボリシーズ」の提供開始、誠におめでとうございます。 人手に依存した煩雑な業務が多い不動産業界において、「いえらぶCLOUD」を基盤とした「RPAらくらくロボシリーズ」が活用されることで、業界全体の業務自動化を促進し、業界全体の働き方を変えていくような重要な転換点になると考えています。 UiPathは、株式会社いえらぶGROUP様「RPAらくらくロボシリーズ」のさらなるサービス拡充を通じて、不動産業界におけるデジタルトランスフォーメーションを支援してまいります。 UiPath株式会社 保険・サービス産業営業本部 本部長 山手 雄一郎 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000068.000008550.html