【不動産ニュース】鹿島建設ほか 羽田空港跡地の再開発複合施設、7月3日に開業|R.E.port
2020年6月18日 09時24分
no image
 鹿島建設(株)や大和ハウス工業(株)など9社が出資する羽田みらい開発(株)は、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第1期事業)において開発を進めている大型複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」(HICity(エイチ・アイ・シティ))を7月3日に開業する。  京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋」駅直結。開発地は、敷地面積約5.9ha。建物は地上11階地下1階建てで、延床面積は約13万1,000平方メートル。  羽田みらい開発と東京・大田区が官民連携で開発する“先端”と“文化”の2つをコア産業とするまちとして位置付けて開発。羽田空港に隣接し、国内外への情報発信に優位な立地を最大限に生かし、新たな体験や価値を創造・発信する未来志向のまちづくりを推進してきた。  テスト路併設の「先端モビリティセンター」や、医療・研究施設と滞在施設を備えた「先端医療研究センター」のほか、ラボ、カンファレンスルーム、ライブホール、水素ステーション等多彩な施設を整備する。  共用空間は、各建物を結ぶイノベーションコリドーに日本庭園の配植をベースにした植栽を実施したほか、モダンアートの要素を加えた空間とした。屋上には足湯デッキも整備している。  また、新業態に取り組む店舗や日本初出店舗などが出店し、デジタルアートの活用や没入型の演出、最新MR技術によって日本文化の体感ができる体験型商業施設や、ここでしか体験できない戦闘機のフライトシミュレーターでの飛行体験等、船体技術と日本文化に触れることができる店舗を集めた。  その他、日本の食文化・郷土料理を楽しめる飲食店や大田区の人気店もテナントも出店する。 https://www.re-port.net/article/news/0000062566