【不動産ニュース】横浜の分譲地でテレワーク対応住戸|R.E.port

2020年6月22日 09時19分
no image
 リスト(株)の子会社・リストインターナショナルリアルティ(株)は20日、分譲地「リストガーデン nococo-town」(横浜市戸塚区、総戸数160戸)の第10期販売として、テレワークに対応する書斎付き住戸4棟を発売する。  同分譲地はリストグループが街区開発からコミュニティ形成までトータルプロデュースしているエコタウンで、これまでに100戸以上が完成している。今回は、コロナ禍において自宅でのワークスペースの需要が増加していることから、2~3畳程度の書斎付き住戸を提案する。  間取りは3LDK+WIC+ロフト~3LDK+書斎+ロフト。延床面積は88.98~97.54平方メートル。...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン