【不動産ニュース】シード平和 若手教育アカデミーを設立|R.E.port
2020年6月24日 09時00分
no image
 メルディアグループ(株)三栄建築設計の連結子会社であるシード平和(株)(大阪市淀川区、代表取締役社長:小池信三氏)は18日、若手社員育成のための「シード平和アカデミー(社内大学)」を開講した。  建設業界は深刻な人手不足が続いており、人件費の高騰、建設資材の高止まりなどにより厳しい環境にある。そうした中、同社では中期経営計画において“関西トップクラスの総合建設会社への飛躍”を目標とし、その一環として「組織力強化のための人材の安定的な確保と育成」を重点施策に設定。社員育成のための新たな取り組みとして設立した。  選抜された先輩社員が講師となり、若手社員(新入社員および入社2~5年目の社員)にスキルやノウハウを教育する。  月に1回開催。受講者が受け身にならないようにするため、「受講前の事前準備」、「受講後のレポート提出」「上司によるコメントの返却」が行なわれるプログラムを提供する。さらに講師のリハーサルや、定期的なカリキュラムの更新・見直し等により教育の質の向上を図っていく。 https://www.re-port.net/article/news/0000062620