【不動産ニュース】住宅生産団体連合会  ストック型社会に相応しい住宅税制を提言|R.E.port

2020年6月25日 09時11分
no image
(一社)住宅生産団体連合会は22日、定時総会を開催し、2019年度の事業報告および決算の承認、20年度の事業計画を報告した。  事業計画では、重点項目に「ストック型社会に相応しい住宅税制に関する提言」を掲げた。住宅税制については、過去数年間の検討成果を基に政策提言を作成し、広く情報発信する。また、長期優良住宅やZEH等の良質な住宅ストック整備や、リフォーム・リノベーションによる既存ストックの向上といった「良質な住宅ストックと住環境の整備」、インスペクション、性能表示制度、安心R住宅制度等の普及を促進する「既存住宅流通市場の活性化」などに取り組んでいく。  さらに、「働き方改革」への...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン