【不動産ニュース】大和ハウス工業と日本貨物鉄道 東北・北海道最大の物流施設を開発|R.E.port
2020年6月25日 09時21分
no image
 大和ハウス工業(株)と日本貨物鉄道(株)(JR貨物)は7月1日、大型マルチテナント型物流施設「DPL札幌レールゲート」(札幌市白石区)に着工する。  「札幌貨物施設開発特定目的会社」(大和ハウス工業が100%出資)が、JR貨物グループのマルチテナント型施設ブランド「レールゲート」の第3弾として開発する。  JR貨物「札幌貨物ターミナル」駅構内に立地。JR「札幌」駅より10km圏内、道央自動車道「大谷地IC」から1kmで、道央エリア全域へのアクセスが容易な位置。敷地面積は約5万348平方メートル。鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上3階建て。延床面積は約8万6,916平方メートルで、東北・北海道最大の物流施設となる。1区画約5,000平方メートルから利用でき、最大テナント数は12。貨物鉄道を利用する企業やインターネット通販事業社、小売業者等を想定している。  施設には天候の影響を受けずに荷物の積み下ろしができる「中車路」や「屋内スロープ」を設けるほか、テナントの働き方改革を支援する従業員専用の保育施設も設置。カフェテリアも設け、福利厚生もサポートする。  竣工は2022年5月31日、入居開始は同年6月の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000062638