【不動産ニュース】大和ハウス工業と日本貨物鉄道 大型マルチテナント型物流施設「DPL札幌レールゲート」着工(ニュースリリース)|by PR TIMES

2020年6月25日 14時30分
no image
■東北・北海道最大の物流施設  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)と日本貨物鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:真貝康一、以下「JR貨物」)は、2020年7月1日より、北海道札幌市の「札幌貨物ターミナル駅」構内において、両社の共同事業による東北・北海道最大となるマルチテナント型物流施設(※1)「DPL札幌レールゲート」(敷地面積:50,348.94㎡、延床面積:86,916.13㎡)を着工します。 ※1. 複数のお客さまが入居できる物流施設のこと。 大和ハウス工業は北海道において、マルチテナント型物流施設「DPL札幌東雁来」(札幌市...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン