【不動産ニュース】ミサワホーム 南極観測隊の参加者が帰国報告会|R.E.port
2020年6月29日 09時04分
no image
 ミサワホーム(株)は26日、同社グループから南極地域観測隊に参加していた、社員による現地作業報告会をウェブ会議形式で開催した。  同社は1968年の「第10居住棟」の建設以来、南極地域観測隊の活動や生活を支えるさまざまな建物を受注。累計36棟・総延床面積約5,900平方メートルにのぼる。また、専門技術を有する同社社員が国立極地研究所へ出向し、昭和基地のシンボル的建物となっている「管理棟」や「第1・第2居住棟」「自然エネルギー棟」などの建設に携わってきた。  今回は第60次越冬隊での活動を報告。行動期間は、2018年11月30日~20年3月20日。今回帰国した小山 悟氏は、居住棟などの既存建物のメンテナンスの他、老朽化した「気象棟」に代わる「基本観測棟」の内部工事を主に担当し、観測隊が寝泊まりする仮眠室や喫煙ルームなどの設置を行なった。 https://www.re-port.net/article/news/0000062666