【不動産ニュース】日本土地建物 霞が関・永田町エリアで地域SNSを活用したコミュニティ|R.E.port
2020年6月29日 09時30分
no image
 日本土地建物(株)は、ビジネスエリアのコミュニティ活性化に向け、デジタルコミュニティ事業を展開するPIAZZA(株)(東京都中央区、代表取締役CEO:矢野晃平氏)と業務提携した。  デジタルトランスフォーメーション(DX)を取り入れた新たなまちづくりに挑戦し、デジタルコミュニティプラットフォームを活用したエリア活性化に向けた取り組みを開始する。  6月1日よりPIAZZAが開発・運営するオンライン上で地域に関する情報交換が可能なSNSアプリ「ピアッザ」に、「霞が関・虎ノ門・日比谷・永田町エリア」を開設。両社は、同アプリを介して、地域で働く人同士、訪れる人同士、働く人と訪れる人同士の交流を活性化することで、当該エリアの魅力を引き出し、向上させていくことを目指す。 https://www.re-port.net/article/news/0000062669