【不動産ニュース】三井不動産ほか 福岡県に2施設目のガーデンホテル|R.E.port
2020年7月1日 09時13分
no image
三井不動産(株)と(株)三井不動産ホテルマネジメントは、福岡県内で2施設目となる「三井ガーデンホテル福岡中洲」(福岡市博多区、客室数257室)を、7月1日に開業する。  福岡市地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅から徒歩約2分に位置。鉄骨造地上13階建て。博多・天神エリアの観光やビジネスの主要スポットへ徒歩圏内という利便性に加え、九州新幹線や高速道路で九州各地にも容易にアクセスできる。  外観には、那珂川と博多川に囲まれ、固有の分化を育んできた中洲の成り立ちにまつわる「集積する文化」「水面のゆらぎ」などをデザインモチーフに採用。内装インテリアには、水面のきらめきやネオンが美しく輝く中洲のまちのきらびやかさを表現した。  3~12階の客室は、「スタンダードダブル」(38室、専有面積17.9平方メートル)をはじめ、3点分離タイプ(シャワーブース・洗面台・トイレが独立)の快適な水回りを備えた「スーペリアステートツイン」(6室、同25.4平方メートル)のほか、ファミリーや小グループでの滞在に最適な3名までの宿泊が可能な「モデレートツイン(+ソファベッド)」(56室、同24.3平方メートル)など、全8タイプを用意。1階にはレストラン、最上階(13階)には大浴場とラウンジも備えている。 https://www.re-port.net/article/news/0000062702