【不動産ニュース】国土交通省 地域の空き家利活用のモデル事業を採択|R.E.port

2020年7月7日 09時29分
no image
 国土交通省は6日、2020年度「地域の空き家等の流通・利活用に関するモデル事業」の採択結果を公表した。  地方公共団体と宅地建物取引事業者が連携し、地域の空き家等の利活用などを促すことで、新たなビジネスモデルにつながるような先進・先例的な取り組みを行なう団体に対し、実施費用の一部を支援する。  応募期間は20年5月11日~6月19日。応募件数は30団体で、採択されたのは5団体。山形県の「空き家マインドフルネス 長屋実現プロジェクト」は、孤立しやすい独居老人・転居世帯を対象に、近隣の空き家を活用して、ゆるいコミュニティ住居を提供する事業、大阪府の「大正区のエリアリノベーションに取り...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン