【不動産ニュース】国土交通省 「国土の長期展望」コロナ踏まえ課題整理|R.E.port

2020年7月10日 09時20分
no image
 国土交通省は8日、国土審議会計画推進部会 国土の長期展望専門委員会(委員長:増田寛也氏/東京大学公共政策大学院客員教授)の7回目となる会合を開催した。  今回は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる暮らし方や住まい方の変化、産業・物流・サプライチェーンの変化を踏まえ、2050年の国土の目指す姿と実現に向けた方向性について課題整理を行なった。  コロナによる新たな変化の可能性として「都市部への人口・産業の集中傾向が抑制される可能性」「複合災害(災害避難とパンデミック)への対応の可能性」「IT技術・デジタル化社会の浸透が加速」「国土利用・インフラ利用の高度化、公共施設・ホテル...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン