【不動産ニュース】日鉄興和不動産ほか 海老名駅圏で総計画1,000戸のマンション|R.E.port

2020年7月13日 09時31分
no image
 日鉄興和不動産(株)、JR西日本不動産開発(株)、東急不動産(株)、小田急不動産(株)、相鉄不動産(株)は共同で、新築分譲マンション「センドリームプロジェクト」を始動。モデルルームを2020年夏にオープンする。  同プロジェクトは、テレワーク・在宅勤務に最適な環境を整えた、職住融合の「ニューノーマル」仕様となる、総計画戸数1,000戸(I街区500戸、II街区約500戸)の新築分譲マンション。全体敷地面積は3万6,448.76平方メートル。  「セントガーデン海老名」I街区(神奈川県海老名市、総戸数500戸)は、JR相模線「海老名」駅より徒歩5分、小田急小田原線・相鉄本線「海老名」駅...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン