【不動産ニュース】不動産経済研究所 20年上半期の首都圏マンション、コロナ禍で大幅減|R.E.port

2020年7月16日 09時45分
no image
(株)不動産経済研究所は15日、2020年上半期(1~6月)および6月度の首都圏マンション市場動向を発表した。  同期のマンション発売戸数は7,497戸(前年同期比44.2%減)とコロナ禍で大幅に減少。上半期としては、初めて1万戸を下回った。地域別では、東京都区部3,845戸(同29.6%減)、東京都下761戸(同40.5%減)、神奈川県1,562戸(同53.1%減)、埼玉県498戸(同74.8%減)、千葉県831戸(同40.1%減)と全エリアで激減した。  初月契約率の平均は68.3%(同1.8ポイント上昇)と上昇。1戸当たりの平均価格は6,668万円(同8.7%上昇)、1平方メ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン