【不動産ニュース】東京カンテイ 上半期、マンション価格へのコロナの影響は限定的|R.E.port

2020年7月31日 09時34分
no image
(株)東京カンテイは30日、新型コロナウイルス流行下の新築・既存マンション市場についてのレポートを発表した。  同社データベースに登録されている、2005年1月以降の新築分譲マンション発売事例および既存マンション流通事例を対象に集計した。  全国の新築マンション供給戸数と既存マンション流通戸数を合わせたマンション市場総戸数は20年1~3月が11万7,990戸(前四半期比1.6%増)。このうち新築は1万9,818戸(同15.6%減)で、既存は9万8,172戸(同6.0%増)だった。例年、この時期は新築供給が増加する傾向にあるが、今年はコロナ禍によって新築マンションの売り控えが発生した...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン