【不動産ニュース】大京他 長崎で県内最大規模のタワマン|R.E.port

2020年8月3日 08時45分
no image
 (株)大京を幹事会社とする分譲事業者5社(※)は31日、「新大工町地区第一種市街地再開発事業」で建設中の分譲マンションの名称を「ライオンズタワー新大工町」(長崎県長崎市、総戸数240戸)に決定したと発表した。  同再開発事業は、約0.7haの開発地において、新大工町商店街を含む中心市街地の活性化実現を目的に推進する。国道34号線を挟み、北街区には商業施設と住宅を、南街区には駐車場と業務施設を設け、2つの街区を歩道橋でつなげる計画。  同物件は、長崎電気軌道「新大工町」電停徒歩1分に位置する。北街区として開発。建物は、鉄筋コンクリート造地上26階地下1階建て。4~26階部分が住戸で...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン