【不動産ニュース】管理業好調も減収減益/シノケンG 20年12月期2Q|R.E.port

2020年8月13日 09時03分
no image
(株)シノケングループは12日、2020年12月期第2四半期決算(連結)を発表した。  当期(20年1月1日~6月30日)は、売上高461億5,100万円(前年同期比9.1%減)、営業利益42億1,300万円(同30.8%減)、経常利益39億1,100万円(同29.6%減)、当期純利益26億3,500万円(同31.3%減)。  不動産セールス事業では、アパートメント販売で、新規受注、既存顧客からの追加受注がともに底堅く推移。マンション販売では、首都圏において都会的で利便性の高いデザイン性を重視したデザイナーズ仕様の物件を区分販売した。  なお、営業活動は、新型コロナウイルス感染拡...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン