【不動産ニュース】日管協新会長に塩見紀昭氏が就任|R.E.port

2020年9月23日 09時39分
no image
(公財)日本賃貸住宅管理協会は17日、臨時理事会を開催。副会長の塩見紀昭氏((株)明和住販流通センター代表取締役)を新会長として選任したほか、新副会長に太田卓利氏((株)宅都ホールディングス代表取締役CEO)、新常務理事に荻野政男氏((株)イチイ代表取締役)がそれぞれ就任した。前会長の末永照雄氏は「直前会長」として、塩見新執行部を補佐する。  同日専門誌記者と会見した塩見新会長は「コロナに始まり政権も変わり、オリンピックも延期という激動の中での船出となったが、賃貸住宅管理業法の施行というまたとない好機を迎えている。この1~2年が当協会を社会に認知させるチャンス。当協会の会員であることが、...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン