【不動産ニュース】三菱地所ほか「関内」駅前再開発の事業協力者に|R.E.port

2020年10月2日 09時00分
no image
 三菱地所(株)を代表企業とする、スターツコーポレーション(株)、(株)フジタ、(株)ケン・コーポレーション、東急不動産(株)ら5社で構成するコンソーシアムは1日、「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」において、事業協力者として参画すると発表した。  開発地は、JR「関内」駅と尾上町通りにはさまれた、旧市庁舎街区に隣接する約1.4h。「横浜の中心関内活性化の戦略拠点」を開発コンセプトに「ワールドクラスの機能導入(世界一流の業務・産学連携、最高級賃貸住宅、高質な賑わい)」「横浜の各地域の魅力をつなぐエリアマネジメント」「リスクに強く長期的な価値向上を具現化すALL賃貸スキーム」を目指す...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン