【不動産ニュース】スターツコーポレーションほか 愛知・布袋駅で整備事業|R.E.port

2020年10月5日 09時24分
no image
 スターツコーポレーション(株)はこのほど、同社が代表企業を務めるグループ((株)三上建築事務所、スターツCAM(株)、(株)波多野工務店、スターツファシリティーサービス(株)を含む5社で構成)が、「布袋駅東複合公共施設等整備事業」(愛知県江南市)の事業者に選定され、江南市と事業契約を締結したと発表した。  事業対象地は名古屋鉄道犬山線「布袋」駅東地区。敷地面積8,661平方メートル、公共施設と民間施設を開発する。地域交流センターの設置や、駅周辺の一体感を演出する全体設計などが高評価となり選定されたもの。  公共施設は鉄骨造4階建て、延床面積7,049平方メートル。図書館、保健セン...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン