【不動産ニュース】大和ハウス工業 日本最大のデータセンター、初弾施設開発に着手|R.E.port

2020年10月6日 09時14分
no image
 大和ハウス工業(株)は5日、データセンター「Air Trunk TOK1-B(エア トランク トウキョウ ワン-ビー)」(千葉県印西市)を15日に着工すると発表した。「(仮称)千葉ニュータウンデータセンターパークプロジェクト」(千葉県印西市)の初弾。  同プロジェクトは、北総鉄道北総線「印西牧の原」駅から徒歩20分、同社が所有する工業団地「D-Project Industry 千葉ニュータウン」内に、インターネット用のサーバー等のIT機器に供給可能な最大電気容量600MWを有する日本最大のデータセンター団地を開発する計画。総敷地面積約23万5,000平方メートル、総延床面積約33万平方...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン