【不動産ニュース】国土交通省 ニューノーマル等に対応した都市政策のあり方検討会、初会合|R.E.port

2020年10月7日 09時20分
no image
 国土交通省は6日、「デジタル化の急速な進展やニューノーマルに対応した都市政策のあり方検討会」(座長:出口 敦東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻教授)の初会合をWeb会議にて開催した。  デジタル化の急速な進展や新型コロナ機器がもたらすニューノーマルなどを背景に、市民の生活スタイルや社会経済システムがドラスティックに変容している。同検討会では、最近の都市政策の動向等を踏まえ、社会的変化に対応しつつ、都市アセットの利活用を通じた市民のQoL(Qualty of Life)の大幅な向上を図るため、「今後目指すべきまちづくりの方向性」がどのように変化していくのか、また、「これ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン