【不動産ニュース】タマホーム 住宅事業が好調/タマH21年5月期1Q|R.E.port

2020年10月14日 09時07分
no image
 タマホーム(株)は13日、2021年5月期第1四半期の決算説明会をオンラインで開催した。  当期(20年6月1日~8月31日)は、売上高442億3,000万円(前年同期比2.2%減)、営業利益13億3,500万円(同37.0%減)、経常利益12億9,800万円(同36.2%減)、当期純利益12億8,200万円(同5.4%減)。  主力の住宅事業は、住宅引渡戸数が第1四半期として上場以来初となる2,000棟を突破。また、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うイベントの広告出稿見合わせや、一部業務のリモートワーク化による諸経費の減少により販管費が減少。セグメント売上高は347億2,80...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン