【不動産ニュース】LIFULLほか  「不動産情報共有推進協議会」が設立|R.E.port

2020年10月14日 09時09分
no image
(株)LIFULL、(株)ゼンリン、全保連(株)、(株)デジタルベースキャピタルはこのほど、(一社)不動産情報共有推進協議会を設立した。  LIFULLとゼンリンが中心となり、2018年10月、ブロックチェーン技術を活用した不動産情報の共有化を目的にADRE不動産情報コンソーシアムを設立。物件情報の特定・識別を実施するための「不動産ID」の開発を進め、20年10月には「不動産ID発行システム」のβ版を公開する予定としている。今後、不動産情報共有システムの開発・運営を組織として行なうため、同団体を設立した。代表理事には、(株)LIFULL不動産ファンド推進事業部ブロックチェーン推進グループ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン