【不動産ニュース】 不動産適正取引推進機構 コロナ禍での宅建試験、感染防止対策を徹底|R.E.port

2020年10月20日 09時32分
no image
(一財)不動産適正取引推進機構は18日、全国で「令和2年度宅地建物取引士資格試験」を実施。19日には受験状況(速報)を発表した。  今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、6月に同機構が資格取得を急がない場合の受験自粛を要請。さらに、会場の確保が難しいことなどを理由に試験日を10月18日と12月27日の2回に分けるなど、異例の事態となった。  全体の申込者数(速報値)26万1,030人のうち、18日受験分の申込者数は20万4,163人。受験者数は16万8,943人で、受験率は82.7%となった。登録講習修了者については申込者5万1,057人に対して受験者は4万5,493人、受...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン