【不動産ニュース】三井不動産グループ 台湾で大規模分譲2物件開発|R.E.port

2020年10月22日 09時39分
no image
 三井不動産(株)と三井不動産レジデンシャル(株)は、現地法人台湾三井不動産股份有限公司(台北市中正区)を通じて、分譲住宅事業(2物件・約1,200戸)に参画する。  「(仮称)中和板南路プロジェクト」(新北市中和区、総戸数944戸)は、2020年3月に開業したMRT環状線「中原」駅徒歩2分に立地。台北市の中心部である「台北」駅から5km圏内に位置する。  地上31~32階地下5階建て、敷地面積1万7,890平方メートル、延床面積16万5,042平方メートル。4棟のタワーで構成する大規模プロジェクトで、低層部には、駅前立地を生かしたさまざまな生活利便施設を誘致。大規模物件ならではの多彩...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン