【不動産ニュース】住友林業 災害時に仮設住宅となる移動式木造建築|R.E.port

2020年10月28日 09時11分
no image
 住友林業(株)は、茨城県境町、防災危機管理に関する調査・研究など行なう(一社)協働プラットフォームとの協定に基づき建設した移動式木造建築「CLT combo(仮称)」の実証棟を竣工。27日、報道陣に公開した。  「CLT combo(仮称)」は、キャンプ場等での宿泊施設やワークスペース、セカンドハウスなどさまざまな用途・場所での利用(マルチユース)をコンセプトとした移動式木造建築。CLT(直交集成版)を構造材に用いたボックスユニットを、建築現場に運んで組み立てる。現場作業は、給排水管の整備やユニットの基礎部への設置のみで、簡易に設置できるのが特徴となる。住友林業が同住宅の開発を担当し、...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン