【不動産ニュース】野村不動産ホールディングス 20年度上半期のマンション販売、郊外含め好調|R.E.port

2020年10月30日 09時42分
no image
 野村不動産ホールディングス(株)執行役員住宅部門長の松尾大作氏(野村不動産(株)取締役兼専務執行役員住宅事業本部長を兼任)が29日、報道陣と会見。住宅分譲事業の状況や今後の販売戦略などについて説明を行なった。  新築マンションマーケットの供給量の減少、価格の上昇については、「供給量が減っているのは用地案件の減少や建築費の上昇といった供給者側の事情であり、需要は依然底堅い」とした。共働き世帯増加による購買力の高い層や、コロナ禍により居住環境の改善を求めて賃貸から分譲へと移る層が増加していることなどに触れ、「当社の住宅事業にとってはプラスの状況が今後も続く」と述べた。  「プラウド」...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン