【不動産ニュース】タス テレワークの浸透が居住地の多様性に与える影響を考察  ~賃貸住宅市場レポート  首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2020年10月~|by @Press

2020年11月2日 11時00分
no image
 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:尾暮 敏範)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2020年10月」を発表しました。  「コロナ禍の影響で居住地の多様性が実現するのか(2)~テレワーク浸透の影響」および「2020年8月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」および「2020年8月期の関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン