【不動産ニュース】減収減益/三井不21年3月期2Q|R.E.port

2020年11月6日 09時20分
no image
 三井不動産(株)は5日、2021年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。  当期(20年4月1日~9月30日)の売上高は7,974億100万円(前年同期比10.3%減)、営業利益641億8,900万円(同45.9%減)、経常利益472億8,800万円(同56.1%減)、当期純利益90億4,000万円(同86.4%減)。最終利益は、「新宿三井ビルディング」の売却を決定したことに伴う特別損失(328億円)の計上等により減益となった。  賃貸事業は、既存オフィスにおける賃貸収益等の増加や当期に開業した「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」「ららぽーと愛知東郷」の収益が寄与した一方、...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン