【不動産ニュース】三井不動産レジデンシャルほか 月島で再開発組合を設立|R.E.port

2020年11月6日 09時40分
no image
 三井不動産レジデンシャル(株)、野村不動産(株)、大成建設(株)は5日、権利者と推進している「月島三丁目南地区市街地再開発組合」について、東京都から設立許可を受けた。  東京メトロ有楽町線「月島」駅と都営大江戸線「勝どき」駅の間に位置する約1haのエリアが対象。敷地をA・Bの2つに分け、A敷地(約5,640平方メートル)には約720戸の住宅や商業施設からなる建物(地下1階地上50階建て、延床面積約8万384平方メートル)を、B敷地(約940平方メートル)には子育て支援施設(地上2階建て、延床面積約1,197平方メートル)を建設する計画。総事業費は412億円。  細分化した土地を集...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン