【不動産ニュース】住友林業 鉄道車両をリフォームした宿泊施設が竣工|R.E.port

2020年11月18日 09時11分
no image
 住友林業(株)は16日、鉄道車両をリフォームして活用した宿泊施設「鉄道のホテル 汽車ポッポ『別邸』」(大分県中津市、客室数3室)が竣工したと発表した。  同施設は、事業者である(有)汽車ポッポ食堂(大分県中津市、社長:伊藤太陽氏)が所有していた旧耶馬溪鉄道、旧国東鉄道の車両を宿泊施設として再生したもの。歴史的価値のあるそれらの車両を次世代に継承するため宿泊施設にすることを決断。同社に設計・施工を依頼した。3両の車両を格納する建物を住友林業、車両内部のリフォームを住友林業ホームテック(株)が担当している。  車両を客室としてリフォームし、駅舎をイメージして新築した建物に格納。建物内...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン