【不動産ニュース】南海電気鉄道ほか「難波」駅前でオフィスを開発|R.E.port

2020年11月18日 09時25分
no image
 南海電気鉄道(株)、双日(株)、(株)日本政策投資銀行は16日、なんば開発特定目的会社を設立し、「(仮称)難波中二丁目開発計画」におけるB敷地のオフィスビル開発に着手したと発表した。  同計画は、(株)ニッピが所有する約8,915平方メートルの敷地をA・B・Cの3区画に分け、3つの事業主体がそれぞれオフィスビルやホテル等の開発を実施する。  今回は敷地面積約2,505平方メートル、延床面積約1万9,685平方メートル、鉄骨造地上14階建て。  基準階貸室面積は約960平方メートル、三面採光による開放的かつ整型・無柱の空間を実現する。また、南海電鉄「難波」駅から複合施設「なん...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン