【不動産ニュース】土地総合研究所 業況指数、流通は6期連続のマイナス水準|R.E.port

2020年11月20日 09時33分
no image
(一財)土地総合研究所は19日、四半期ごとに実施している「不動産業業況等調査」の結果を発表した(2020年10月1日時点)。経営状況および3ヵ月後の経営見通しについて、業種ごとに不動産業業況指数を算出したもの。回答数は112社。  不動産業業況指数は、住宅・宅地分譲業がマイナス4.8(前回調査比5.9ポイント上昇)。不動産流通業(住宅地)はマイナス25.0(同15.0ポイント上昇)と、6期連続でのマイナス水準。ビル賃貸業はマイナス18.5(同20.6ポイント下落)と、27期ぶりにマイナス水準となった。  業種別では、住宅・宅地分譲業の用地取得件数はマイナス31.0(同11.3ポイン...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン