【不動産ニュース】全宅連の税制・政策要望、コロナ対応やデジタル化支援求める|R.E.port

2020年11月27日 09時16分
no image
(公社)全国宅地建物取引業協会連合会は26日、第一ホテル東京(東京都港区)で理事会を開催。令和3年度税制改正および土地住宅政策に関する要望事項について報告した。なお、11月4日に開催した自民党宅建議員連盟総会においてすでに提言を行なっている。  重点要望事項として、(1)土地の固定資産税にかかる課税標準の上置き措置および各種税制特例措置の適用期限延長、(2)デジタル化推進を踏まえた不動産取引における書面の電子化およびコロナ対策のための各種給付制度の確実な実施、(3)銀行の不動産仲介業参入および保有不動産の賃貸自由化の断固阻止、の3点を盛り込んだ。  (1)においては、2021年度に...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン