【不動産ニュース】リバー 京都でヴィンテージリノベーションのモデルハウスをオープン  昭和30~40年代イメージと、大正モダニズム漂う2軒|by @Press

2020年12月3日 10時00分
no image
京都・滋賀で、ヴィンテージテイストのリノベーションを幅広く設計・施工している株式会社リバー(本社:滋賀県大津市、代表:坂田 純一)は、滋賀県大津市内にある2軒のモデルハウスに加え、このたび京都市内に「ノスタルジックに暮らす」/「ジャポネスクに暮らす」と題した2軒のモデルハウスを2020年11月にオープンしました。このうち1軒は、宿泊やイベントスペース(時間貸し)としての利用も可能です。 懐かしさが漂うヴィンテージリノベ専門店■ リノベーション専門店のリバーが手がけるのは、ヴィンテージハウス。テイストやジャンルは多彩であり、国や年代を問わずさまざまなヴィンテージ感を取り入れています。...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン