【不動産ニュース】保有建物すべてに非FIT再エネ電源から電気供給|R.E.port

2020年12月8日 09時28分
no image
 ヒューリック(株)は7日、約1,000億円を投資し、非FIT(固定価格買取制度)太陽光発電の開発推進と小水力発電(出力が1,000kW以下の小規模な水力発電)の開発を開始すると発表。電力由来のCO2排出量を2050年にゼロとすることを目標に、保有建物すべてに自社の非FIT再生可能エネルギー(再エネ)電源から電気供給を行なうことを目指す。  同社は、25年のRE100(事業活動に必要なエネルギーを100%再生可能エネルギーとすることを目標に掲げる企業が加盟する国際的なイニシアティブ)達成に向け、FIT制度を採用しない「非FIT」太陽光発電の開発を進めている。26年以降も、RE100対象で...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン